よくある質問

FAQよくある質問

「PRIDE指標」についてのFAQ

◎大学も応募できますか?その場合、「当事者コミュニティ」は教職員のコミュニティでしょうか?学生のコミュニティは該当しませんか?
A.    はい、応募できます。大学の場合の当事者コミュニティは、教職員のコミュニティを指します。

◎指標において「研修」と書いてあるところは、対面の研修のことですか?eラーニングは当てはまりますか?
A.    対面でも、eラーニングでも、形式は問いません。

◎指標4の「ファミリーデー」とは何のことでしょうか?
A.    家族を呼んで職場を見せるようなイベントを想定しています。社員の同性パートナーも「家族」として参加可能であることを明示している会社を評価したいという思いで入れています。

◎アライを増やす、もしくは顕在化するための取組みがなぜ必要なのでしょうか?
A.    一緒に働く上司や同僚がアライかそうでないかが分からない場合、LGBTQ+当事者は、職場で自分の性的指向を明かしたら何が起こるのか、わからない状態にあります。アライを顕在化することは、周囲の人がLGBTQ+に関して、支援者であることを示す、当事者に対するメッセージとなります。そして、アライが増えることで、マイノリティの受容に寛大な職場づくりが進み、引いては皆が働きやすい職場となると考えています。また、社内の福利厚生制度がLGBTQ+当事者に適用されても、利用するためには、自分が当事者であることを、ある程度明かす必要が出てきます。周囲の人がアライだと分からなければ、制度を利用するのも難しくなります。

◎採用担当者への研修が重要なのはなぜでしょうか?
A.    採用活動は、応募者の生活や個人情報を確認する機会も多いことから、注意が必要な業務です。採用担当者がLGBTQ+当事者に対して、LGBTQ+であるがゆえに、不適切な発言や不利な評価を行った場合、当事者の人権を侵害することにもなりかねません。

◎当社は持株会社で、グループ会社の指揮統率を取っています。各グループ会社でそれぞれ行っていることを、自社の取組として応募したいのですが、その際に、グループ連名で出してよいでしょうか?
A.    持株会社を含めてグループ会社全体で同じ取り組みをしていて、各指標への回答内容が同一となる場合は、連名で応募することができます。グループの一部の会社だけが取り組んでいることを、グループ全体で取り組んでいることとして提出することはできません。また、グループ連名でご応募いただき認定後、連名となっているグループ企業での取り組みが応募内容と異なり同様ではないことが判明した場合は、全てのグループ企業の認定を取り消す場合がございます。

◎グループ全体で同じ取り組み(例えば、グループとしての行動宣言、グループ横断のワークショップ)を行っている場合、グループの1社だけで応募することは可能でしょうか。
A.    グループとして実施しているということは、当該会社も実施しているということになるので、個社として応募することが可能です。

◎応募時点で決定している未来の取組みについて書いても加点されるのでしょうか?
A.    「PRIDE指標2022」に関しては、2022年12月31日までに実施したものまたは実施予定のもののみ、記載が可能です。それ以降の予定の取組みについては記載いただいても採点対象とはなりません。

◎採点は、どのようにして行いますか。各回答にエビデンス資料を添付した方がよいのでしょうか。
A.    採点は、非営利団体であるNPO法人グッド・エイジング・エールズで構成される、PRIDE指標事務局にて、公正かつ公平に行われます。特に各回答へのエビデンス資料を求めることはありません。各指標の設問に対し、該当項目にチェックを入れていただき、5つの指標について、各指標内で指定の要件を満たしていれば1点が付与されます。要件を満たしているか否かは、理由記載欄に記載された内容をもって判断します。取組みの実態が申請内容と合致しているか否かにつき、確認のために、PRIDE指標事務局より応募者に対して連絡を差し上げる場合があります。

◎採点結果は結果のみの連絡でしょうか。結果と共にコメントやフィードバックをいただけますでしょうか。
A.    採点結果のみの連絡とさせていただいております。個別のお取り組みに対するフィードバックは行っておりませんので、ご了承ください。

◎ゴールド/シルバー/ブロンズの評価は「応募年度1年間の評価」ということでしょうか。
A.    はい。ラベルに評価年度を入れます。採点結果発表から次年度の発表まで1年間の認定となります。過去の認定ロゴマークは最新の認定ロゴマークとの併用の場合のみ使用可能です。

◎評価を受けた企業名は必ず公表されますか。
A.    社名の公表可否については、応募時に申告いただいた内容によって、公表/非公表を分けます。社名非公開をご希望の場合は、チェックいただきご応募ください。

◎例えばシルバー(4点)なら、どの項目で4点なのかまで開示するのでしょうか。
A.    合計点のみ開示する予定です。個別の取り組みをアピールしたい企業は、応募フォームの「ベストプラクティス応募記入欄」に、その取り組み内容の概要を記載ください。事務局にて審査し、選定された場合には、ベストプラクティスとしてご紹介いたします。

◎表彰結果は自社ウェブサイトなどに載せてもいいでしょうか?
A.    採点結果は、ゴールド、シルバー、ブロンズとして、表彰します。受賞企業のみなさまには、点数ごとの色にちなんだ認定ロゴマークをwork with Prideよりお渡ししますので、自社ウェブサイト、採用パンフレット、名刺などに掲載してお使いいただいて構いません。認定ロゴマークの使用許諾書は、認定ロゴマークをお渡しする際に一緒に送付します。認定ロゴマークの使用期間は1年(表彰結果公開時から次年度の表彰結果公開時まで)となります。

◎回答内容は会社の人事制度に関わるものであり、機密情報です。提出した機密情報はどのように扱われますか?
A.    応募用紙に記載の情報は、work with Pride内の非営利団体で構成される、PRIDE指標事務局のみが閲覧可能な形で管理し、PRIDE指標事務局による採点および集計にのみ利用します。当該情報が、PRIDE指標事務局以外に開示されることはありません。

◎これから取組みを開始したいと思っている。何から取り組めばいいか教えて欲しい。
A.    指標の1つ目、「Policy:行動宣言」にあるような、LGBTQ+に関する方針の明文化から始める企業が多いようです。ただ、各社LGBTQ+に関して理解の浸透具合や、取り組みやすい項目は異なるかと思いますので、効果の出やすいもの、取り組みやすいものから取り組むのがよいのではないでしょうか。当サイトにて公開中の<人事/DEI担当者のための取り組みQAガイド>を参考にご覧ください。

「レインボー認定」についてのFAQ

◎「レインボー認定」についてのFAQは、<レインボー認定とは>のページにてご確認ください。

2022/05/04